はじめまして。車椅子安全利用協会です。

はじめまして。車椅子安全利用協会です。

5月 31, 2019 未分類 by JUNKO

車椅子安全利用協会は「車椅子で当たり前に外出できる街」を目指して、人と関係性の育成を行う任意団体です。

車椅子ユーザーが、気軽にカフェに行き、服を買いに行き、旅行で大笑いする。職場復帰をして、サービス提供をする。新しいことやビジネスにチャレンジして「人生で一番しんどかったけど、あの時が一番充実していた」と言える経験を積む。知らない土地に一人旅行をしてみる。通りすがりの人々に車椅子ごと抱えられて、嬉しくも、怖く恥ずかしい思いをする。目の見えない人をガイドして、感謝される。告白して、振られて落ち込む。本屋で本を手に取って選ぶ。雑誌に出ていた美容院にいく。学生時代の友人に会うために、学生街の居酒屋へ行く。憧れの寿司屋に行く。

そんなことが当たり前になる世界を目指しています。

「あなたは明日から車椅子です」

そう言われた日から、通院やデイサービス・日常の買い物以外、外出できない生活を送っている人たちがたくさんいます。

これは、あなたの少し先の未来に起こるだろうことです。

私たちが目指しているのは、車椅子ユーザーと彼らを支える家族、医療介護職、施設、企業、行政、地域、通りすがりの人、すべての人が一緒に幸福感を高め合う社会です。

当協会では運営、および提供するサービスのすべてを、次の3つの大原則に基づいて行います。

  • 支援されるだけの人も、支援するだけの人も存在しない。すべての人が、誰かの支援を受けながら、誰かを支援する存在である。
    • すべての人は、人に貢献することで幸福感を得ることができる。
    • 善意を善意のまま伝えるためには、原理原則に従った方法しかない。

シンプルなこの3つの言葉を軸に、車椅子シーティングに関する専門知識はもちろん、幸福学やNLP、リーダーシップ学、ダイバーシティコミュニケーション、RTO等の人が成長し幸福になるための様々な理論と、最先端の介護福祉現場・企業での取り組みに基づいて構築されています。

「介護・福祉とビジネス、経済社会」、あるいは「障害者と健常者」という敷居を取り除いて、さまざまな人と考え方が交じり合うことで1×1=3の幸福相乗効果が育まれると考えています。その効果を、車椅子を通して日本中にお届けすることを使命としています。

私たちが提供できること

  • 車椅子パートナーの育成と普及活動
  • 施設、専門職向けの研修
  • 一般企業等内部研修の車椅子介助と幸福学(Well-Being)のmixed研修
  • 企業、施設、役所や地域包括等、地域や顧客とラポールを築く協同勉強会

Follow me!